各種療法

保険診療

電気療法

*干渉波

 

周波数の異なる電流を生体内に流すことにより体内で新たに生じる干渉波で 生体を刺激し、血流改善、鎮痛効果、神経伝達の改善などの治療効果をれることができます。また低周波よりも高い周波数のため皮膚抵抗が少なく、大きな電流が深部組織まで届き効果的に刺激を送ることができるのが特徴です。

 

 

 

 

*超音波

熱と非常に微細な振動により筋肉痛・関節痛をやわらげます。その仕組みは、電磁エネルギーをプローブと呼ばれる治療器の先端部から超音波に変換し、体内部で照射される際に生じる熱で疾患部を立体的に温めるのと同時に1秒間に何万回もの振動を起こすことでミクロマッサージ効果を発生しその相乗効果によって疾患部の痛みをやわらげる、というものです。

 

 

手技療法

IMGP3808

筋緊張緩和、関節可動域拡大、骨格の修正などを図った手技を症状に合わせてご提供いたします。

保険外診療

トリートメント・矯正

トリートメントとは治療・手当という意味があります。

当院では患者様の症状・状態に合わせて、ほぐし・ストレッチ・関節可動域を広げる治療・骨盤調整・アライメント調整・骨の微調節などを組み合わせて治療を行います。お体の状態と治療法を説明し理解していただいた上で施術させていただきます。もちろんご要望にもお応えいたしますのでお気軽にお申し付けください。

トリートメントは保険内治療と併せて5分~お付けすることができます。

 

ハイボルテージ療法

ケガの早期回復はケガ直後の組織の炎症をどれだけ早く抑えるかがカギとなります。

患部の腫れや炎症が治まるのに時間がかかれば患部周辺の正常な筋肉にも負荷がかかり、硬直して治りが遅くなるどころか、別の痛み、筋肉の硬直、体の不調を招きます。

そこで早期に炎症を抑える方法が考えられてきました。そのひとつの方法として医療やスポーツ界の最先端技術であるハイボルテージ療法があります。

ハイボルテージは高圧(150v以上)で短時間に加えられた電気刺激が皮膚に抵抗を与えずに深部の組織まで到達し神経に働きかけるため疼痛の軽減や治癒促進などに優れています。

従来の電気治療器に比べ組織の奥深くまで到達できるため患部に直接アプローチができ、

非常に高い鎮痛効果と、即効性を兼ね揃えています。

マイクロカレント療法

IMGP3668

もともと人体に存在している電流に似た微弱な電流を体内に流すことで、傷ついた組織に刺激を与え、損傷組織の治癒を促進します。極めて弱い電流のためほとんど体感がなく神経や筋肉を興奮させません。スポーツ後のクールダウンや筋肉痛の軽減、損傷部位の鎮痛、治癒促進に有効です。

はり・きゅう

*はり治療

 

はりには高い鎮痛効果があり、指では届かない奥深くの筋肉を緩めることができます。

また自律神経に働きかけ、精神的に落ち着かせたり免疫力を高めたりする効果があります。

 

 

*きゅう治療

 

きゅうには温熱効果が非常に高く冷え性、むくみなどの改善に有効です。

温度も温かいものから熱いものまで調節できます。

 

 

  
  • 当院の交通事故治療について
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介
  • お問い合わせ
  • ブログ
  • フェイスブックページ

 

nikogusa_logo_fix_tate  千葉県千葉市稲毛区園生町382-25

オーツーパークから徒歩1分

Tel: 043-306-9705

-診療受付時間-

平日

9:00~12:00

15:00~20:00

9:00~17:00

9:00~12:00

 アクセスマップはこちら