6月12日 骨盤矯正

おはようごうざいます。
にこぐさ鍼灸整骨院です。

今年はサッカーのワールドカップイヤーです。
昨夜も日本代表男子はイラクに4‐0で快勝しました。
また、16日にはシンガポールとのアジア2次予選がひかえています。

日本代表女子は現在、カナダで開催中のワールドカップに参加中です。前回王者として、頑張って欲しいと思います。次戦は12日、カメールンと戦います。

余談ですが…
日本人は欧米人と比べ骨盤の角度が違います。
これはスポーツ競技において大きな影響を与えます。
欧米人のお尻の高さは高い位置にありますよね。
それは欧米人は骨盤が前傾しているからです。
骨盤を前傾するには大腰筋を鍛えます。大腰筋が発達すると太もも裏のハムストリングが収縮されます。これが欧米人の後ろ側に筋肉がつきやすい理由なのです。
これに対して日本人は骨盤が後傾していて太もも前の大腿四頭筋が収縮され、下腿部ではふくらはぎが収縮します。

つまり、欧米人は重心が常に後ろにあり、日本人は前にあります。これらの違いで大きくプレーの違いが生まれます。

骨盤の傾きはもっとたくさんの影響を及ばしますが、骨盤の傾きを意識されると大きくプレーの質、障害の悩みが解消されるかと思います。

一般の方では骨盤の後傾を治すことによって、猫背やO脚など体の悩みが一気に解消されますよ。

にこぐさ鍼灸整骨院は骨盤の調整も行っておりますので、ぜひお悩みの方はスタッフにお声かけください。

にこぐさ鍼灸整骨院
043‐306‐9705